印刷

令和元年度 農業科だより

(14)2月13日

 サツマイモあんを使用した、黒糖まんじゅうの製造を行いました。あんも本校で収穫したサツマイモから製造し紅あずまとパープルスイートロードの2種類を製造しました。紅あずまで製造したあんは水分量が多かったため、包あんが難しく、蒸しあげたあとも生地がだれてしまいました。パープルスイートロードは水分が少なかったため、うまく製造することができました。
 生徒たちの味の感想も、紅あずまよりもパープルスイートロードの方が好評でした。

 

 栽培関連では、1月からからイチゴのプランターを活用した施設栽培を始めました。台にプランターを設置したことで、屈まずに手入れが行えるため生徒の負担が軽減したようで、昨年よりも実習スピーディーになりました。その他、トマトの水耕栽培では種からの栽培だけではなく、わき芽を使用した試験栽培にも取り組んでいます。
 収量の安定化を実現して、ジャムやピューレの製造実習に活用したいと思います。
 

 

(13)12月3日

 12月3日にデコレーションケーキの製造を行いました。今年度も、生徒自身が考えたデザインを実際に製造しました。今年は、生徒の希望により卵不使用スポンジケーキを製造しデコレーションを行いました。今年注目を集めたタピオカをデコレーションに使用したケーキもあり高校生の発想の豊かさが栄える作品がありました。

 


(12)11月21、22日

 11月21、22日にJGAP認証審査を実施しました。初日は、JGAP青果物2016の規格に基づきサトイモとナスを、2日目はJGAP茶2016の規格に基づきお茶の審査を行っていただきました。
 両日とも、午前中は三宅高校における食品安全、労働安全、環境保全について農場の記録とリスク評価書類を提示し、質疑応答を交えながらの確認となりました。その後、実際に農場をまわりながら肥料や農薬、機械などの管理状況について審査を行いました。
 午後からは、午前中に確認していただいた管理状況と書類の照合を行い、審査結果の報告となりました。結果は、リスク評価など複数項目に不適合のご指摘をいただきました。
 普段から交差汚染の対策は行っていても、文字として記録していない項目についてご指摘をいただき、リスク評価の方法など学ぶことの多い審査となりました。

 今後は、不適合項目を是正しメールなどで報告を行い、審査会社による確認後JGAP認証取得となります。

 

 生徒も一緒に書類を追うことで、普段の実習とは異なる農業の一面を知る機会となったと思います。

 

        書類の確認                   肥料の管理状況の確認


(11)11月14日

令和1年11月1日(金)に保育園、11月13日(水)に小学校が本校農場で毎年恒例のサツマイモ掘りを行いました。

    

(10)9月27日

 明後日、9月29日(日)に三宅高校文化祭『三高祭』を執り行います。

 当日9:00より、農業科実習棟において農業科生産品販売を実施いたします。販売品は植物苗がハクサイ、キャベツ、カリフラワー、ハボタン、野菜はオクラ、ピーマン、クウシンサイ、サツマイモ、加工品は丸パン、イチゴ・ブルーベリージャム、トマトピューレ、パウンドケーキ、お茶を予定しています。

 なお、本年度台風の影響によりクリやナスなど一部の作物を販売することができません、誠に申し訳ございません。

 農業科の生徒が授業で栽培・製造した商品です。
 数に限りがございますが、生徒の日々の活動を知っていただく機会になればと考えております。
 ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

 また、本校舎3階2F教室において農業科の活動展示を行っております。
 展示内容は、普段の学習内容や栽培している作物についてのパネルや写真による紹介となっています。ぜひ、ご覧ください。

 
         昨年度の販売の様子                                                             加工品のサンプル
 

(9)8月28日

 本日、三宅支庁入口にて農業科生産品販売を実施いたしました。
 夏休みの生産品販売実習を通して、生産者としての経験だけではなく、仲間と協力することの意義や重要性を学ぶことができたと思います。

 今年は天候の影響もあり、数をそろえることができなかった野菜もございましたが、昨年度と比べ、スイカやクウシンサイ、お茶などは多く用意することができました。
 皆様にご協力いただき、多めに用意した商品も無事完売することができました。

 本日、ご来場いただきました皆様、場所を提供していただいた三宅支庁の皆様、心から感謝申し上げます。

 

       スイカの袋詰めを行う生徒                 多くのお客様がいらっしゃいました

(8)8月27日

 明日、8月28日(水)10:00から三宅支庁1階ロビーにて農業科生産品販売実習を実施いたします。
 販売品は、スイカ、カボチャ、クウシンサイ、タマネギ、ナス、ピーマン、オクラ、お茶、パンを予定しております。
 農業科の生徒が授業で栽培・製造した商品です。
 数に限りがございますが、生徒の日々の活動を知っていただく機会になればと考えております。
 ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

 

※スイカは品質確認のためカットスイカのみの販売になります。1玉での販売は行いません。ご了承下さい。
 

(7)8月21日

 本校駐車場にて農業科生産品販売を実施いたしました。
 商品の栽培・製造、袋詰めや設営、商品の陳列など準備から生徒たちが積極的に取り組んでくれたおかげで、余裕をもって販売を開始することができました。
 販売中も、お客さんに商品の説明を行いながら担当の作業を全うし全員が協力することで、慣れない販売実習を無事に終えることができました。
 育てた果樹や野菜、製造した加工品を自らの手で販売することができ、得難い経験となったと思います。

 本日、ご来場いただきました皆様、心から感謝申し上げます。
 来週8月28日(水)は10:00から三宅支庁入口にて、同様の内容で生産品販売実習を実施する予定です。

 
         確認を行う生徒                     大勢の方に来ていただけました

(6)8月20日

 明日、8月21日(水)10:00から本校駐車場にて農業科生産品販売実習を実施いたします。
 販売品は、スイカ、カボチャ、クウシンサイ、タマネギ、ナス、ピーマン、お茶などを予定しております。
 農業科の生徒が授業で栽培・製造した商品です。
 数に限りがございますが、生徒の日々の活動を知っていただく機会になればと考えております。
 ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

 また、来週8月28日(水)は10:00から三宅支庁入口にて、同様の内容で生産品販売実習を実施する予定です。

 

             ※写真は昨年度ものです。商品は今年度のものと異なります

(5)7月30日

  7月26、27日にJGAP認証取得に向けた、コンサルタントの方による2回目の指導を実施しました。
 26日は、生産工程管理や農場環境、農薬保管などに関する帳票の確認とご指導をいただきました。その後は、農場を実際に見て回り農薬による交差汚染などのリスク検討を行いました。

 

         帳票のファイル                         農場配置図

 27日は、製茶室、再製室を見て回りリスク検討を行いました。最後に次回の自己点検に向けた打合せと、審査に向けて現状の改善箇所についてご指導いただきました。

 

          整頓前                            整頓後
 
 今回の指導を通して、農場環境が少しずつ良くなっていること実感することができました。また、昨今の農業を取り巻く環境の変化などについて聞くことができる大変貴重な時間となりました。
 
 JGAP認証の取得に向けて、今後も取り組みたいと思います。
 

(4)7月22日

 農業科体験入学を実施しました。
 食品分野では、あんスネールの製造体験を行いました。生地がやわらかく手につき、思うように「いもあん」を包み形を整えることができませんでした。
 しかし、最後には、切り込みとツイストを加えきれいに作ることができました。

 

      切り込みを入れツイストをつくる作業                完成したあんスネール

 野菜分野では、農場で栽培しているカボチャやピーマン、スイカなどの収穫体験と農場案内を行い、最後はスイカの試食を行いました。


 

          農場環境の説明                       収穫したスイカ

 参加した中学生もとても楽しそうで、野菜や学校について質問している様子が印象的でした。

 

(3)7月19日

 7月22日(月)に農業科体験入学を実施します。


当日はの予定は

 受付 11:45~12:00 生徒昇降口
 食品 12:00~13:10 食品製造実習室
 野菜 13:25~14:35 農場
 草花 14:45~15:00 農場
 連絡 15:00~15:25 講義室
 解散 15:25
              となっています。

持ち物:上履き、筆記用具、動きやすく汚れてもよい服装(ジャージなど)や靴、タオル、帽子、水分補給用の飲料
    食品を扱う体験授業があります。爪を短く切って、長い髪は束ねられる準備をして参加してください。

 中学生のみなさん、三宅高校農業科の体験を楽しんで下さい。

 
           栽培中のスイカ                      体験予定のあんスネール

※当日の天候により内容が変更になることもあります。ご了承下さい。


(2)7月17日

 総合実習で、栽培した加工用トマトを使用して「トマトの調整」を行いました。
 長雨や虫の影響で中身が腐敗しているトマトがいくつかありましたが、今週は
雨が少なく痛みも少なかったようです。
 腐敗した実や緑色の部分を取り除き、冷凍庫で保存します。 
 今回調整したトマトは「トマトピューレ」に加工する予定です。


 
        内部から腐敗したトマト

 

中学生が植えたサトイモの様子

 

 サトイモはおイモを大きく育てるために、肥料の追加(追肥)と根元に土を集める作業(土寄せ)を行いました。


小学生が植えたサツマイモの様子

 

 サツマイモはしっかりと根をはり、つるがのびて葉っぱが増えています。

 

(1)6月21日

 2年生の総合実習で、「あんスネール」の製造を行いました。
 初めての手ごねパン製造ということもあり、手につく生地を気にするあまり
こねあげに時間がかかってしまいましたが、無事焼き上げることができました。




 本校で栽培したサツマイモの「あん」を包み製造したあんスネールの味と柔らかさに
生徒は驚いていました。




 7月22日に行われる体験入学でも「あんスネール」の製造体験を行う予定ですので、
興味がある中学生はぜひ参加して下さい。

 
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4586
電話 : 04994-6-1136 ファクシミリ : 04994-6-0551
E-mail : S1000212@section.metro.tokyo.jp