農産加工部

 

平成30年度 「農産加工部」活動報告

(6)9月4日(火)

 本日の活動内容は、8月6日(月)の「苔玉作り」を行いました。
今回は三宅中学校との部活動交流ということもあり、中学生や引率の先生方と「苔玉作り」を楽しく行うことができました。
本校の生徒は、参加した人たちに「苔玉作り」のサポートをしっかりと行い、喜んでもらえた様子に満足した様子でした。
また、今回の部活動交流では生徒が自信を持つことができ、今月には「三高祭」(文化祭)も控えているため、意欲的に取り組めそうだと感じました。


   

   

 



(5)8月31日(金)

 本日の活動内容は、前回に引き続き「秋まき草花の播種(種まき)」を行いました。
前回の活動から20日間以上空いてしまいましたが、
育樹祭などの目標を持って、生徒は一所懸命に取り組んでいました。


   

 



(4)8月7日(火)

 本日の活動内容は、「秋まき草花の播種(種まき)」を行いました。
今回、播種した草花品種は「パンジー」で、生徒一人で600粒も種まきを行いました。
今年、東京都で開催される「平成30年度 全国育樹祭」にて、三宅高校の農業科の生徒が栽培した「パンジー」も展示される予定です。
行事開催日時が11月17日(土)・18日(日)に都内会場にて、都内の農業系高校生たちが栽培した草花などが展示されます。
生徒は、育樹祭への展示に向けて、目標を持って栽培準備に取り組んでいました。
   

   


 


(3)8月6日(月)

 本日の活動内容は、「苔玉作り」を行いました。
1学期の実習で行った「さし木」を利用して、苔玉を作ってみました。
細かい手順に生徒は苦戦していましたが、最後は1つ10分で作成していました。
生徒の学習への吸収力の速さに驚きました。
「苔玉」の手順を以下に記載しますので、興味のある方は是非に行ってみてください。

   

1,赤玉土(小玉)に水を加えながら捏ねて、丸める。   2,丸めたら半分に割る。


   

3,半分に割ったら、片側に植物を入れる。        4,植物の根と土が付くように丸める。


   

5,水苔を抑える糸を約2mほどの長さに切る。      6,丸めた土に水で戻した水苔を巻く。


   

7,巻いた後に手で圧着し、周りに糸を巻く。       8,最後に糸を結ぶ。


   

9,仕上がりの全体を見て、形の調整をする。       10,完成


(2)8月1日(水)

 本日の活動内容は、「春まき草花の摘心と追肥」を行いました。
主に取り扱った草花の種類はケイトウで、間延びを防ぐための「摘心」と、継続した生長に必要な肥料の追加を「追肥」と呼んでいます。
暑い中でしたが、やや日陰で風通しのよい場所での作業を行えました。
およそ30鉢の草花の「摘心」と「追肥」に、約3時間かけて終わらせることができました。
生徒は、最後まで集中して取り組んでいました。
   

   

 

(1)7月19日(木)

 本日、「正門前花壇の定植」を行いました。
来週7月24日(火)は農業科「体験入学」の準備も兼ね、春まき草花4種を定植しました。
放課後、気温も高かったのですが、生徒は中学生を迎える準備としての意識をもって、一所懸命に活動をしていました。
 来週7月24日(火)の農業科「体験入学」に来られる中学生のみなさん、心よりお待ちしております。
   

   

 

平成28年度 「農産加工部」活動報告

 本校、農産加工部は食品製造の加工技術、また農業栽培や管理をおこない、広く農業の知識と技術をいかした活動をしています。また、三高祭(文化祭)などに向けて、食品製造の新商品や展示物の作成もしています。平成27年「第16回三宅島産業祭 島おやつコンテスト」では、最優秀賞を受賞いたしました。
 

〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4586
電話 : 04994-6-1136 ファクシミリ : 04994-6-0551
E-mail : S1000212@section.metro.tokyo.jp